No. 18 ミズバショウの種

 くろんど園地八ツ橋のミズバショウは、今から10年ほど前(2006頃)は100株足らずでしたが、年々株数が増えて今では千株近くに広がっています。

さて、このミズバショウはどのようにして増えていくのでしょうかか? 長年その種子を見てみたいと思っていましたが、中々その機会がありませんでした。
 

 ミズバショウは写真にある白いモノが花だと思っている人がいますが、実はあれは花ではなく苞(ホウ)と言って葉の一部です。本当の花は白い苞の中心にある棒状のもので黄色い粒々に見えている部分です。これを肉穂花序(にくすいかじょ)と言います。

 春に咲くミズバショウは清楚で可愛い花ですが、夏には大きく葉が伸び数十センチから1mの大きさに成長します。そして7月には肉穂はこん棒のようになって地面に倒れます。

 そこで倒れた肉穂の中にどんな種が入っているのか調べてみました。まず肉穂には芯もなく簡単に取れます。外側はマツボックリ状(柱頭の名残だと思われる)ですが、中はアイスクリームと言うか、おからと言うか、とにかく大変柔らかく簡単にボロボロとつぶれます。種はと言うと中々出てきません。つぶしていく内に、おからにまぶれた固いものがやっとみつかりました。おからを取り除くとゼリー状のものに包まれた種子が出てきます。種子は4mm前後の楕円形で片側を押しつぶしたような形をしています。しかし種の数は花の数に対して極端に少ないようで、一つの肉穂の中に数個あるかないかです。恐らくミズバショウの咲く時期はまだ昆虫も少なく、受粉率が低いことが実入りが少ない原因だと思います。ある本にはミズバショウは風媒花だとありますが、風媒の効果も少ないようです。
 
 近年八つ橋では、春に実生から育ったと思われるミズバショウの幼芽をたくさん見ますが、ミズバショウの株が増えるスピードが10年で10倍(100株が今1000株)と言うのも納得できる気がします。花数に対して結実の割合が極端に少ないので、株数が少ない間は増えるスピードが遅いのです。しかしある程度株数が増えてくると結実は少なくても、種の総量が多くなるので一気に株が増えるのでしょう。今後は更に株の増えるスピードが加速するものと思われます。(H28/7/13た)

9/10 むろいけチームの活動を更新 New!

9/10 PR養成講座を更新しました。 New!
9/3 森の工作会の活動を更新

9/5 ゲストティーチャーを更新

8/23 自然の不思議

更新

8/21 PR養成講座

更新 
8/19 森の工作会の活動を更新

8/11 2017必修研修

更新しました

8/3 中部チームの活動を更新

 

くろんど園地

(過去の季節の自然はコチラ)

ほしだ園地

むろいけ園地

中部園地

ちはや園地