No.11 カスミサンショウウオ

カスミサンショウウオの卵嚢(府民の森2015/3/28)
カスミサンショウウオの卵嚢(府民の森2015/3/28)

  カスミサンショウウオは日本の固有種で10cm位の大きさのサンショウウオです。成体は林や草地に生息すると言われていますが、ふだんは浅い土の中や落葉・倒木・石などの下に潜んでいてミミズや小さな昆虫などをエサにしているとのことです。繁殖は春先に林縁の湿地や池沼などで行われ、産卵場所には湧水のあるところが多く卵嚢は水中の落葉や落枝などに1対ずつ産みつけられます。写真は府民の森で見かけた卵嚢です。  

 これが無事に成体になることを祈りたいと思います。またこのような希少な生き物がいる自然を大切にしていきたいものです。(2015/3/29 た)

1/10 自然の不思議コーナーに追記更新 New!

1/10 環境調査部の活動を更新 New!

1/3 中部チームの活動を更新 New!

1/3 森の工作会の活動を更新 New!

12/10 北部チームの活を更新

11/28 森林整備の活動を更新

11/26 中部チームの活動を更新 

11/25 森林整備の活動を更新 

11/22 北部チームの活を更新

11/17 中部チームの活動を更新 

11/16 森林整備の活動を更新 

11/15 むろいけ園地の活動を更新 

リンク

くろんど園地

ほしだ園地

むろいけ園地

中部園地

ちはや園地