ほしだの紹介

交野のいわれ

ほしだの言われ

  昔、弘法大師(空海)が交野の獅子窟に入り秘法を唱えると、七曜の星(北斗七星)から 一帯の田の三所「星田妙見宮」、「星の森」、「光林寺」に星が分かれて降ったので「星田」と呼ばれるようになったという言い伝えがあります。   

 また「星田」は、もともと「干田(乾し田)」から来たと言う説もあります。昔、星田の辺りは奥山の土砂の流出の激しさから扇状の地形が発達し、水田となりにくい「干田」が多く発生したことから来た地名だとも言われています。 枚方、交野で星にまつわる地名: 星田、星が丘、星の森、南星台、 中宮(北極星のこと)などがあります。

ピトンの小屋の「ピトン」って?

色々なピトン(ハーケン)
色々なピトン(ハーケン)

 ピトンとは、登山で岩登りをする時、岩の割れ目にハンマーで打ち込んで人を確保したり、手がかりや足場として用いる金属のくさびのことです。

フランス語でピトン : Piton、ドイツ語でハーケン : Haken と言います。 ピトンの小屋の名は、ほしだ園地に作られたクライミングウォールにちなんでその名がつけられました。

                     北部のページに 

 詳細は上記バナー↑を

 クリックしてください。

6/12 ナイトハイク&星空観察申込受付中!

6/12 PR養成講座短信を更新 New! 

6/6 くろんどPJを更新 New!

5/28 PR養成講座短信を更新 New!

5/26 森林整備の活動を更新          

5/23 森林整備の活動を更新

5/22 むろいけチームの活動を更新

5/21 ちはやチームの活動を更新

5/15 森林整備の活動を更新

5/15むろいけチームを更新

5/14 PR養成講座短信を更新

5/13 くろんどPJ活動を更新

5/13 森の工作会の活動を更新

5/8 環境調査部:カタクリの調査を掲載 

5/5 森の工作会の活動を更新

 

くろんど園地

ほしだ園地

むろいけ園地

中部園地

ちはや園地