2月 水中のミノムシ

どこにいるかわかりますか?
どこにいるかわかりますか?

 

 2月半ば、某所での出来事でした。

 知人が、「この池に生き物がいっぱいいるで」と言います。落ち葉が沈んでいるだけの何もいないところだと思っていたので、とても驚きました。

 池は、水深15センチ程度、1メートル四方くらいの大きさでコンクリートに囲まれています

 彼がおもむろに池に手を突っ込み、何もないように見えるところから何かをつまみ出した。手の平に乗っているものは、茶色く変色した葉っぱです。

 手渡された葉っぱをしげしげ見てみました。

 それはただの落ち葉ではありませんでした!

 小さな葉っぱが貼り合わさっていて、煙草のような筒型です。

「この中に生き物がいるんや」と言われて「えー!?」と叫びました。

 

水の中から出して見てみると…
水の中から出して見てみると…

 葉っぱの筒の中にいたのは、『水中版ミノムシ』・トビケラの仲間の幼虫でした(豆知識:トビケラとガは共通の祖先を持っている)。

 こねくり回してもビクともせず、しっかりかっちり作られています。しかも小さな葉っぱでミノを作っているのではなく、葉っぱを小さく丸く切って重ね合わせているのでした。見た目はごく自然です。落ち葉の沈んだ水の中にあれば、素人目にはただの落ち葉です。様々な角度から観察しつつ、写真を撮っていると、トビケラ幼虫の半透明の頭が、筒の先からもぞもぞと出てきました。「早く水の中に戻して」と言わんばかりでした。慌てて水に戻しました。

 

持ち上げると頭が出てきました
持ち上げると頭が出てきました

 

 何もないと思っていたところから、素敵な生き物を見つけ出してきた知人は、まるでマジシャンのようでした。しかし、彼はマジシャンではなく、『見つける目』を持っていたのです。その目を持っている彼自身もすごいけど、それを私に伝えてくれたことがなにより嬉しかったです。

 見つける目を受け継いだ、とばかりに私も目を皿のようにして池を探しました。残念ながら、にわか仕込みでは、発見できず仕舞いでした。

 彼らが水中でどんな風に生活しているのかを調べて、次回は自力で見つけられるように修行してみます。ただ、トビケラも一年中幼虫でいるわけではないので、期限付きの修行です。

 

9/10 むろいけチームの活動を更新 New!

9/10 PR養成講座を更新しました。 New!
9/3 森の工作会の活動を更新

9/5 ゲストティーチャーを更新

8/23 自然の不思議

更新

8/21 PR養成講座

更新 
8/19 森の工作会の活動を更新

8/11 2017必修研修

更新しました

8/3 中部チームの活動を更新

 

くろんど園地

(過去の季節の自然はコチラ)

ほしだ園地

むろいけ園地

中部園地

ちはや園地