Green Gift 地球元気プログラムの活動

 NPO法人日本パークレンジャー協会では、東京海上日動保険株式会社のGreen Gift プロジェクトに参画して、小学生を含む家族を対象にした自然の体験の催しを実施しています。

2017/07/15(土) 第2回「身近な夜の森を探検しよう!」

参加者の皆さんとスタッフ全員
参加者の皆さんとスタッフ全員

 第2回目のGreen Gift プログラムを実施しました。今回は7組の家族で合計29名の皆さま(大人15、子ども14人)に参加いただきました。

スタッフは9:30に現地に集合、午前中に会場準備を完了。14:00には開会挨拶、自己紹介と諸注意をしてから動物交差点でアイスブレイクをしました。中々自分がどんな動物なのか当てるのに苦労しました。

 その後2チームに分かれて、交互にカモフラージュとシノ竹の紙鉄砲で遊んでもらいましたが、最初要領の分からない子もいましたが、すぐ慣れてきて夢中になって遊んでいました。

 16:00からは全員でピザ作りに挑戦です。ピザ生地を作る材料の入った袋に水を入れ、家族で協力して何回もこねた後、発酵を待ちます。この間にピザを焼く順番を決める家族対抗パチンコゲーム大会をしましたが、中々的に当たらず、家族の代表を応援する声が飛び交い賑やかでした。

 発酵ができると生地を伸ばしてトッピングを載せて焼ける順を待ちます。できたてのアツアツピザは中々の評判でした。片付けをした後、ホタルのクイズをしてヘイケボタルのことを事前勉強。観察中はライトを点けないなど約束をしてから、20:40頃ホタル観察に出かけました。八ツ橋では、あちらこちらで光り出したホタルに全員釘づけ状態でした。あちらこちらで点滅するホタルに皆さん暑さも忘れて夜の光のドラマを楽しんでいました。

 

 ふり返りでは、身近なところに素晴らしい森があるのが分かった。この楽しさを周りの人に伝えたい。手作りピザがとてもおいしかった。ホタルが見られて良かった。初めてヘイケボタルを見ました。ヘイケボタルが小さいのに驚いた。ホタルの餌を大切にしたい。これからも子どもたちと自然の遊びを体験したい。などのコメントをいただきました。(2017/7/24た)

写真掲載は参加者の了解をいたたいています・。

2017/07/09(日)「ヘイケボタルを観察するデイキャンプ 身近な夜の森を探検しよう!」

7/15(土)に本番の身近な夜の森を探検しよう!の下見を7/9(日)に大雨後に行いました。ヘイケボタルはちゃんと飛んでいました~♪

これはイベント本番が楽しみです。

2017/6/17(土) 第1回「身近な森でわんぱく体験」

参加者の皆さんとスタッフ関係全員
参加者の皆さんとスタッフ関係全員

 第一回目のGreen Gift プログラムを実施しました。ファミリー5家族13人の参加で、10:00からご挨拶、自己紹介、諸注意のあと、全員でアイスブレイクゲーム、続いてカモフラージュをして自然の生きものの擬態を体験してもらいました。

 一休みした後は丸太切りに挑戦です。レンジャーからノコの使い方を教えてもらい、先ず約5cmのヒノキの丸太を切り、次に10cmの丸太を切ってもらいました。単純な作業ですが、木を切るのは人の本能を刺激する様で、子どもも大人も何回も何回も切っていました。

 午後は、全員ヘルメットを着けてヒノキの人工林に移動。森の働きの話を聞いてから林内に入ってヒノキの伐採を見学。そして倒した木は順番に枝払い。丸太切りでノコの扱いには慣れたせいか、全員上手に作業できました。枝払いした木は2mの長さにスタッフが切り、参加者の皆さんに皮むきをしてもらいました。竹ベラを使ってヒノキの皮がつるりとむけると、その白さに一同感動です。

 終了後のふり返りでは、次のような参加者の声がありました。大阪の近郊でこんなに良い自然があるのが分かった。CO2を減らす努力が必要と感じた。木を使った工作がしたい。カモフラージュが楽しかった。ヒノキの皮むきが楽しかった。ヒノキの皮が綺麗に剥けることが新鮮だった。なかなか森に行けないけど楽しかった。などなど参加いただいた皆さんには、実際に森での体験をすることにより、自然を身近に感じ、森で活動することの楽しさを知っていただけたのではないかと思います。(2017/7/8ち)

9/10 むろいけチームの活動を更新 New!

9/10 PR養成講座を更新しました。 New!
9/3 森の工作会の活動を更新

9/5 ゲストティーチャーを更新

8/23 自然の不思議

更新

8/21 PR養成講座

更新 
8/19 森の工作会の活動を更新

8/11 2017必修研修

更新しました

8/3 中部チームの活動を更新

 

くろんど園地

(過去の季節の自然はコチラ)

ほしだ園地

むろいけ園地

中部園地

ちはや園地