No.2  サビタ(ノリウツギ)

 サビタ」をご存知ですか。初めて聞くと言う方も多いと思いますが、「サビタ」は「ノリウツギ」の別名です。東北や北海道で良く知られていますが、むかし東北地方から北海道の開拓に移住した人たちによって名づけられたと言われ、岩手、秋田や青森では方言で「サビタ」、「サプタ」、「サンビタ」、「サンブタ」と呼ばれているそうです。

ノリウツギは夏の盛りの8月に府民の森で見られます。花はアジサイに良く似ていて全体が白い花で、総(ふさ)状に咲き、装飾花(ガク片)数枚が下部につき、花は中央に小さくついて密生します。ノリウツギは和名で「糊空木」と書き、内樹皮に含まれる粘液が和紙を漉()く時のつなぎ剤として使われています。

 

サビタ」は俳句の季語で「花さびた」としてよく読まれるとのことですが、語感から来るイメージは美しいが何となく淋しい感じを受けますね。そんな「サビタ」にまつわる物語を次に紹介します。

 

あるアイヌの若者か美しい娘に恋をした。恋心を打ち明けられた娘は「このサビタの花が散るときがきたら」と返事した。若者は燃える思いで待ち焦がれた。しかし、花は枯れ果てても落ちず残ったままだった。そして恋は実らなかった。これはアジサイの花と同様、「サビタ」の装飾花は綺麗で目立つが実を結ばない、そして冬になってもドライフラワーになって枯れずに残る。それと知らずに待ち続けた若者。何とも悲しい酷な結末である。 

もう一つの話は、北海道出身の作家「原田康子」のデビュー作「サビタの記憶」と言う短編小説。ストーリーは、病弱な女学生が母の勧めで温泉に保養しに来た。そこで同宿していた年上の男と知り合いになる。男はいつも部屋で本を読んでいたが、女学生はその男に淡い思いを抱くようになった。ある日、男は散歩の途中で白い花を見つけ彼女に手折って渡した。「なんて花?」、「サビタ」と男は答えた。そして「サビタの花が散る時に」と言った。それから暫くして突然官憲が温泉宿に踏み込んできた。男は思想家だった。二人に別れが訪れたことは言うまでも無い。多感な女学生の一夏の淡い記憶..と言う内容である。(た2013.Aug)

10/15 PR養成講座を更新しました New!

10/13 自然の不思議コーナーを更新 New!

10/9 中部チームの活動を更新New!

10/9 森の工作会の活動を更新New!

10/6 自然の不思議コーナーを更新 New!

10/5 Green Giftの活動を更新 New!
10/5 団体教育部の活動
を更新 New!

10/4 むろいけチームの活動を更新 New!

9/24 PR養成講座を更新しました New!
9/10 むろいけチームの活動を更新 New!

9/10 PR養成講座を更新しました。 New!
9/3 森の工作会の活動を更新

9/5 ゲストティーチャーを更新

8/23 自然の不思議

更新

8/21 PR養成講座

更新 
8/19 森の工作会の活動を更新

8/11 2017必修研修

更新しました

8/3 中部チームの活動を更新

 

くろんど園地

(過去の季節の自然はコチラ)

ほしだ園地

むろいけ園地

中部園地

ちはや園地