No.65 ぶことをやめた冬の

 

大人向けの文章はコチラ

 先日、いこま山のなるかわ園地からの帰り道で、フユシャクのメスを見つけました(写真1)。フユシャク*1は冬にあらわれるで、メスは、はねがなくなっていて、びません。

写真1 柵(さく)にとまって交尾(こうび)するフユシャク
写真1 柵(さく)にとまって交尾(こうび)するフユシャク

 2ひきのフユシャクが道ぞいのさくにとまって、交尾こうびしています。右がわのはねがないのがメスです。からだの長さは1cm位と小さいですが、茶色のさくに白っぽい体がめだって、見つけることができました。しばらく様子を見ていても、まったく動く気配がなく、その日は家に帰りました。

 うれしくなって、ふたたびおとずれてみました。今度はオス2ひきとメス2ひきが、それぞれちがうさくにとまって休んでいました。

写真2 フユシャクのオスとメス
写真2 フユシャクのオスとメス

 オス(写真2左)のはねには黒い点の模様もようがついています。前回とはちがう種類しゅるい*2のようです。メス(写真2右)は前回とよくにていて、はねがありません*2

 フユシャクの顔をアップで見てみると(写真2)、オスにもメスにも、ストローをくるくるまいたような口(写真2 まんなか下)が見あたりません。フユシャクの成虫せいちゅうには口がなく、1~2週間の寿命じゅみょうを生きる間、エサを食べずにすごします*3

 

 では、ばないメスはオスとどうやって出会うのでしょうか? 

種類しゅるいによって決まっている気候きこうや時間になると、メスは木にのぼります。を上下に動かしながら、の毛のたばを開いてフェロモンを出します。オスはくし形の触角しょっかく(写真2でははねの下にかくれています)を出して、木の根もとをとびます。そして、メスが出すフェロモンの香りをさがして、メスを見つけます。(さんこうぶんけん1)

 はねのないメスはさくにとまったまま動かないので、死んでいるのかなと思って、メスをクヌギの落ち葉にそっとうつしてみました。しばらくすると、1ぴきが動き出しました。ちょっと目をはなすと、見うしなってしまいそうです。フユシャクは、はねがなくても、すばやく動けそうです。(動画1)

動画1 歩くフユシャクのメス
動画1 歩くフユシャクのメス

 フユシャクは、昔、地球全体が寒くなった時期に、冬にも活動できるように進化してきた、と考えられています。なぜ、はねや口が退化たいかしたのかは、まだよくわかっていませんが、フユシャク研究者の中島秀雄さんは、次のような考えをのべています。(さんこうぶんけん1)

「メスはたまごをうむためにたくさんのエネルギーが必要ひつようです。しかし、寒い冬は、体からエネルギーをうばいます。少しでも、エネルギーをうしなわないように、メスははねをなくました。また、冬にはエサになる、みつを出す花や木がほとんどありません。たくさんのエネルギーを使ってエサをさがしても、みつかるエサは少ないのです。それで、メスもオスも、エサをさがして食べることをやめて、口をなくしました。」

 フユシャクの多くは夜に活動しますが、今回みつけたように、昼でも交尾こうびを行うことがあります。

 近くの府民ふみんの森で、冬の虫さがしはいかがでしょうか。運よくフユシャクが見つかれば(さんこうぶんけん2に見つけ方が書かれています)、そのすがたや行動に、自然しぜんのふしぎを感じてもらえると思います。フユシャクが見つからなくても、冬を越す虫たちを楽しんでもらえると思います。(写真3)

では、3密みつにならないように気をつけて楽しんでください。

写真3 写真3 柵(さく)のすき間に集まって冬を越(こ)すキイロテントウ
写真3 写真3 柵(さく)のすき間に集まって冬を越(こ)すキイロテントウ

補足ほそく

 

*1 フユシャクとは

フユシャク(冬尺)はしゅの名前ではなくて、幼虫ようちゅうがしゃくとり虫になるシャクガ(尺蛾)のうち、冬に成虫せいちゅうとしてあらわれて活動し、メスのはね退化たいかしたをさします。日本全国に35種類しゅるいくらいいます。成虫せいちゅうは、幼虫ようちゅうのエサとなる広葉樹こうようじゅ(コナラ、クヌギやサクラなど)などがある山地や里地に、11月ころから3月ころまで、種類しゅるいにおうじた時期にあられます。多くは夜行せいで、夜に配偶はいぐう行動を行いますが、日中でも見られることがあります。

 

*2 観察かんさつしたフユシャクの種類しゅるい

交尾こうびしていたのはウスモンフユシャク、べつべつにいたオスはクロテンフユシャクと思われます。べつべつにいたメスもクロテンフユシャクかもしれませんが、外見がにている種類しゅるいがいて写真からは識別しきべつできません。ウスモンフユシャクもクロテンフユシャクも、メスのはねはなくなっていますが、フユシャクには小さなはねが残っている種類しゅるいもいます。(さんこうぶんけん3)

 

*3 フユシャク以外で口が退化たいかした

春先にコナラの木でよく見かける黄緑色のまゆを残すウスタビガや、同じなかまのヤママユガも、成虫せいちゅうには口がなく、エサを食べずに過ごします。

 

【さんこうぶんけん】

 

1)中島秀雄, "冬尺蛾 厳冬に生きる",築地書館(1986)

配偶行動は、3章 "フユシャクとの戦い" pp.84-95

進化の仮説は、7章 "なぜ寒さに強いのか" pp.177-214

 

2)川邊透, "冬に見られる不思議ふしぎ、フユシャクをさがそう",

http://gogo.wildmind.jp/feed/howto/78

 

3)川邊透, "昆虫こんちゅうエクスプローラー フユシャク図鑑ずかん",

https://www.insects.jp/konbunfuyusyaku.htm

ます(2021/2/14)

2/14 自然の不思議コーナーを更新 New!

2/5 環境調査部の活動を更新 New!

1/10 自然の不思議コーナーに追記更新 New!

1/10 環境調査部の活動を更新 New!

1/3 中部チームの活動を更新 New!

1/3 森の工作会の活動を更新 New!

12/10 北部チームの活を更新

11/28 森林整備の活動を更新

 

リンク

くろんど園地

ほしだ園地

むろいけ園地

中部園地

ちはや園地